小さい,原因

胸が小さい一番の原因は??

胸の小さい原因

今いちばんの要因と言われるのが「ストレス」なのです。
現在の社会はストレスを抱えやすいためにストレス社会とも言われていますから、
多くの女性が生まれてから多くのストレスを抱えて生きてる事になります。

 

ストレスの悪影響

体調不良や不眠などのほか、髪の毛が抜ける、肌があれる、
肩こりがひどくなるなど症状は無数にあります。

 

ストレスとバストの関係

女性の体はもともとストレスには敏感であるため、
少しのストレスでも脳の視床下部にあるホルモン中枢が反応し、
ホルモンの分泌を乱してしまうのです。

 

胸の大きさには女性ホルモンが大きく関係していますから、
ホルモンの分泌が減少すると女性らしいバストのハリが無くなり、
小さくなったり垂れてしまうことになります。

 

ストレスを抱えている状態では、交感神経が活発となり血行が悪くなりがちです。
血行が悪くなると、体内への栄養素の運搬が鈍りますので胸への栄養も
届かなくなりバストの成長が阻害されるのです。

 

受験や恋愛・友達の関係など、思春期の頃には問題が山ほどありますよね。
その頃にストレスをうまく解消できなかった人にホルモンのバランスが崩れ
バストが大きくならない原因があります。

 

自分なりのストレス解消方法を見つけてストレスを溜めないようにしましょう!!